フィンランドの森 薪ストーブ博物館

F 100

伝統的な意匠が織りなす 小さくて、あたたかなノルウェー

"ノルウェーを思い出させる薪ストーブ"といわれる理由は、ノルウェーセーターの編み目模様の中から独特な菱形のラチスワークと呼ばれるモチーフを、本体の上面に散りばめていることからのようです。

この郷愁を誘う伝統的な意匠と、コロニアルデザインの美しい曲線を持つガラス扉を融合させたJøtul F 100。ヨツールの製品の中では最も背の低い小型のストーブですが、その性能や機能は十分な力を発揮してくれます。外観に似合わず、その燃焼室は意外と大きく、長さ40cm の薪を投入することができます。また、トッププレートの裏のような隠れたところにも、蓄熱性を高めるための凹凸の細工がされており、薪のエネルギーを無駄にしない熱効率を考えた設計になっています。オプションのロングレッグを取り付けると、本体の背丈が標準の57cm から、62cm を超える高さとなり、またひと味違った印象を楽しむことができます。

Option

ロングレッグセット 16,800円

ブラックペイント
定価(税別)
252,000円
526mm
高さ
570mm
奥行
445mm
重量
90kg
放熱形式
輻射式
暖房面積
90(㎡)
最大出力
6,450kcal
最大薪長
40cm
煙突径
150mm