フィンランドの森 薪ストーブ博物館

F 118 CB

炎の歴史を物語る スカンジナビアンストーブ

Jøtul F 118 CB は、世界中で古くから愛用されているすべての「シガータイプ」のモデルとなっています。手前から奥へとゆっくり燃焼していくこのシステムはヨツールが開発した燃焼で、現在では広く普及しています。一度生産を中止しましたが、世界中のアンコールによる"現代版"として登場しました。

機能性を重視したこのモデルには、クロスフロー二次燃焼システムというクリーンバーン機能を搭載し、高い燃焼効率を実現しました。またトッププレートには、調理用のホットプレートがつき、さらに設置が容易にできるようにアジャスタブルレッグ仕様となっています。側面には縦のストライプの中央に熊のレリーフが描かれ、ガラス扉が標準となり、新しいJøtul F 118 CB として生まれ変わりました。

ブラックペイント
定価(税別)
388,500円
340mm
高さ
775mm
奥行
800mm
重量
145kg
放熱形式
輻射式
暖房面積
115(㎡)
最大出力
9,460kcal
最大薪長
60cm
煙突径
150mm