薪ストーブ・ペレットストーブ 煙突掃除 最新型カメラ付きロッドで安全なメンテナンス

薪ストーブ・ペレットストーブは最低でも年に1回の煙突掃除が必要です。

薪の燃焼によって煙突にスス等の汚れが付着します。その汚れが蓄積すると煙突が詰まってしまい、煙が室内に漏れてしまう事もあります。

オフシーズン時に鳥等の動物が煙突内部に巣を作ってしまう事もあります。
こちらは鳥が巣を作ってしまった時の煙突掃除の様子です。

薪ストーブの煙突に鳥の巣

煙突掃除を怠ると最悪の場合は煙道火災を起こしてしまう場合がございます。

煙突掃除はご自身でも行うことはできますが、ストーブ本体の点検も兼ねてプロに頼むと安心してストーブ生活を送る事ができます。

フィンランドの森 薪ストーブ博物館では、煙突掃除作業・ストーブ本体の点検作業を承っております。

最新型カメラ付きの煙突掃除

フィンランドの森 薪ストーブ博物館では、最新型カメラ付きの煙突掃除を行っております。これにより煙突内部を見ることができるので、汚れが落ちた様子が分かり、より安全にストーブをご使用いただけます。

モニターで煙突内の様子を確認できます。

薪ストーブの煙突掃除カメラ付き
薪ストーブの煙突掃除モニター付き

ストーブ内部を薪ストーブ専用の掃除機で掃除します。
↓こちらはペレットストーブ専用の掃除機で、弊社でも販売しています。

ペレットストーブ専用掃除機

薪ストーブの使用にはある程度灰が必要なので、灰入れバケツ等に入れて必要な分は保管しておきましょう。

栃木県で薪ストーブの煙突掃除

ブラシとロッド部分を取り付けます。

薪ストーブにカバーをかけます。カバーにはロッドが通る部分も必要です。

掃除機を取り付けます。

ロッドと電動ドリルを繋げます。煙突内部を綺麗にしていきます。

最後にモニターで煙突内部を確認します。

煙突の注意点

コーキング材の劣化

煙突と屋根の接合部分は「コーキング材」を使用して埋めます。
こちらのコーキング材は長期間風雨にさらされると劣化していきます。
3年に1回は屋根に登ってコーキング材の確認をおすすめします。
屋根に登ってコーキング材の確認をするのは危険ですので、別途オプションでご対応いたします。

薪ストーブのコーキング材確認

損傷・変形

台風や暴風雨等の時に飛来物によって煙突が損傷や変形してしまうことがあります。
屋根に登っての雨仕舞確認も重要です。
屋根に登っての点検は別途オプションで対応いたします。

煙突掃除の料金

薪ストーブ:28,000円(税別)~     ペレットストーブ:20,000円(税別)~

屋根の勾配・煙突の状態・設置場所等で料金は変わります。
屋根に登っての点検作業は別途料金が発生します。

フィンランドの森から20km以内は交通費が無料です。その他の場所は交通費・移動費がかかります。

具体的な金額はお問い合わせください。

店舗情報

フィンランドの森 薪ストーブ博物館

アクセス

〒325-0303 
栃木県那須郡那須町大字高久乙2730番地7 フィンランドの森内
TEL:0287-78-0981 FAX:0287-78-2921

【営業時間】
年中無休
8:00~20:00

コメント

タイトルとURLをコピーしました