薪作りの方法 時期や乾水分量に注意 薪ストーブのシーズンに備えましょう

今回は薪ストーブ用の薪作りについてお話します。
薪ストーブの性能を最大限に引き出すためには、薪の状態が重要です。
初めて薪作りをする方は驚くかと思いますが、表面の含水率が15%~20%の理想的な薪を作るには、およそ2年かかります。

また、薪作りはいつ開始してもよいものではありません。
薪ストーブに適した薪を作るには薪作りの時期も重要です。
薪ストーブに適した薪に関する記事はこちら↓

薪ストーブに適した薪を作る為に、正しい薪作りの方法について学んでいきましょう。

薪作りが面倒な方はご購入をオススメします。

樹木の伐採 1年目11月~12月

11月~12月は、樹木の伐採をする時期になります。樹木の水分量が一番少ない時期だからです。

特に12月中に伐採するのが理想的です。遅れても1月までには伐採作業を終わらせておきましょう。水分量の多い時期に伐採した薪は、乾燥するのに時間がかかってしまいます。

原木を玉切りに 1年目1月~1月後半

伐採した木を原木と言います。水分量が多く乾燥していない状態です。その為原木は安く販売されています。
※フィンランドの森では原木の販売はしておりません。

薪ストーブの薪作り

原木を玉切りしていきます。薪ストーブに適したサイズに切っていくことを玉切りと言います。お使いの薪ストーブの最大薪長さを事前に確認しておきましょう。

薪割り 1年目3月までに

切った丸太は切断の方から乾燥していきます。
木の組織が硬化していくので、玉切り作業を後はすぐに薪割り作業をしましょう。
玉切りした丸太を割って乾燥しやすくさせます。

薪ストーブの薪割り
栃木県で薪割り用斧の販売

斧はフィンランドの森で販売中です。
薪割りは体力が要りますので、薪割り機があると便利です。
フィンランドの森では薪割り機の販売もしていますので、詳細はお問い合わせください。

栃木県で薪割り機販売

乾燥 雨よけ期 1年目6月~10月

雨ざらし乾燥をさせた後、薪を薪棚や薪小屋に保管します。
薪を乾燥させるのに重要なポイントです。↓
・真上からの雨を防ぐ
・風通しの良い所に置く
・直接地面に薪を置かない
・割った面を上にして積む

薪の乾燥には、薪小屋や薪棚を作るのがベストです。
↓こちらは薪棚です。

薪ストーブの薪小屋・薪棚で乾燥

これから約1年半乾燥させます。

薪棚の作成・設置はフィンランドの森でもご相談可能です。

ログラックという商品もございます。

※こちらの商品はフィンランドの森でも取扱い可能ですが、リンク先はフィンランドの森の販売ページではございません。

2年目から

2年目には、積んでいる薪の前後を入れ替えて乾燥具合を均一にしていきます。
きちんと乾燥していれば、10月ごろに完成です。
薪の表面の乾燥度を含水率計で測定していましょう。

表面の含水率が15%~20%が理想的な薪です。

最後に

薪ストーブの炎

いかがでしたでしょうか?
薪ストーブに適した薪を作るには、手間暇がかかります。
その手間暇かけた薪を自分自身で作ることで、より薪ストーブに愛着が湧いてくると思います。

薪作りが面倒な方へ

薪ストーブ用の薪を作るには非常に労力と時間がかかります。
薪ストーブは楽しみたいけど薪作りは面倒くさいと思う方は、ご購入をおすすめします。
フィンランドの森では薪ストーブに適した広葉樹の薪(樫の木)の販売を行っております。

栃木県那須町で薪販売

薪の購入についての詳細はこちら

店舗情報

フィンランドの森 薪ストーブ博物館

アクセス

〒325-0303 
栃木県那須郡那須町大字高久乙2730番地7 フィンランドの森内
TEL:0287-78-0981 FAX:0287-78-2921

【営業時間】
年中無休
8:00~20:00

コメント

タイトルとURLをコピーしました