ペレットストーブの失敗しない選び方 ライフスタイルに合わせた機種を

ハーマンペレットストーブxxv

薪ストーブやペレットストーブはライフスタイルに合わった機種を設置する事が大切です。

薪ストーブやペレットストーブの設置工事は費用がかかるので、頻繁に機種変更をする物ではありません。

薪ストーブやペレットストーブは、機種によって性能や使い方が異なります。

薪ストーブやペレットストーブを検討されている方は、どのような目的で使用するかを考えましょう。

薪ストーブにする?ペレットストーブにする?

薪ストーブもペレットストーブもどちらも環境に良いエコなストーブです。

薪ストーブとペレットストーブではストーブライフが変わりますので、どっちのストーブが生活に合っているか最初に考えましょう。

フィンランドの森では扱っていませんが、他の暖房器具にはエアコン、ガスストーブ、電気ストーブ、石油ストーブ等の選択肢があります。

フィンランドの森では薪ストーブとペレットストーブの販売をしております。

薪ストーブとペレットストーブの違い、メリット・デメリットについて↓

ペレットストーブの選び方

ペレットストーブを選ぶ際に何を基準にして機種を選ぶか書いていきます。

機能

ペレットストーブは全部手動式の物から全部自動で動いてくれる機種がございます。
こちらはハーマンのペレットストーブです。

ハーマンペレットストーブaccentra

電気を使い、全て自動で動作します。
着火、温度設定、風量、消火をボタンで操作します。

ハーマンのペレットストーブには温度設定機能がございます。例えば温度設定を24度に設定すると、部屋の温度が18度の場合は火力が強くなり、25度になると電源がオフになります。そして24度より寒くなると自動的に電源が付き、部屋を暖めてくれます。

ハーマン ペレットストーブ【ESP】

薪ストーブの場合は手動で部屋の温度を調整しますが、ペレットストーブはボタン操作で簡単です。

デメリットは電気を使用する為、停電時には動きません。
しかし、バックアップ用のバッテリーを用意すれば緊急時にも使用できます。
※バックアップ用のバッテリーでは長期間は使用できません。

ハーマンのペレットストーブには下記の安全装置が付いています。
・点火安全装置
・燃焼制御装置
・加熱安全装置
・逆圧防止装置

より安全性の高いペレットストーブを選びましょう。

燃料

ほとんどのペレットストーブはプレミアムホワイトのペレットを使用しないと火が消えてしまいます。

しかし、ハーマンのペレットストーブはどんなペレット燃料でも使用することができます。

ハーマンのペレットストーブにはこちらのシステムが付いているので、ペレット燃料の種類を選ばずに使用することができるのです。↓

ハーマン ペレットストーブ【ペレットプロシステム】

機種によって1時間に使用する燃料の量も異なります。無駄なく燃焼してくれる機種はランニングコストを抑える事ができます。

アンヴィクタ社のMIXは薪とペレット兼用のストーブです。
停電時には薪ストーブとして使用することができます。

invictaの薪ストーブ・ペレットストーブmix

火力・暖房面積

ハーマンペレットストーブ

ペレットストーブは薪ストーブと比べると火力が弱い機種が多いです。
その為ペレットストーブの機種選びを間違えると、設置したけど寒いということになってしまいます。
薪ストーブと同じくらいの火力があるペレットストーブもございますので、どのペレットストーブを購入すればいいのか分からない方はお気軽にご相談ください。

デザイン

ペレットストーブは薪ストーブのような形をした物からおしゃれなデザインの物まであります。

加湿

ハーマンのP43、P68は天板が200度ぐらいに暖まります。
ポットを置いて加湿を取る事ができます。

ペレットストーブで使うポットは薄い素材の物が暖まりやすいです。

動作音

ペレットストーブはペレット燃料を落とすカラカラという音、ファンを回す音がします。
動作音が気になる方は、できるだけ音がしない機種を選びましょう。

設置方法

薪ストーブの煙突は屋根出しになりますが、ペレットストーブは壁出しになります。

ペレットストーブの煙突取り付け方法

壁に穴を開け、ストーブ本体と水平に煙突を取り付けます。建物の外側で少し立ち上げます。
下記の理由からこのような煙突の設置方法になります。
・強い逆風が吹いた場合に本体が壊れないようにする為
・停電時でも自然排気をさせる為

ペレットストーブの煙突取り付け方法

着火の際と消火の際に煙が少し出るので、洗濯物を外で干したい場合や家の構造的に空気の流れが悪い場合は煙突を長くする等して排気の場所を変えます。

薪ストーブと違って手の届く所に煙突があるのでメンテナンスも比較的簡単です。

薪ストーブからペレットストーブに変えたい場合は、壁出しではなく薪ストーブで使用していた煙突を使うこともできます。

ハーマンのペレットストーブXXV設置工事

こちらは薪ストーブからハーマンのペレットストーブXXVに入れ替えをしました。
煙突は薪ストーブの煙突です。

ハーマンのペレットストーブに薪ストーブの煙突

最後に

ペレットストーブをどのような視点で選ぶのか参考になりましたでしょうか?
薪ストーブは薪を自分で入れないといけないので、労力がかかります。

しかしペレットストーブはタンクにペレット燃料を入れれば自動で部屋を暖めてくれます。

※機種によります。

そして石油やガスのような嫌な臭いはしません。

ペレットストーブは機種によって機能が異なりますので、詳しく知りたい方はぜひフィンランドの森で相談してみてください。

お見積りは無料です。図面や設置場所の写真等をお持ちいただくとスムーズにご対応できます。

店舗情報

フィンランドの森 薪ストーブ博物館

アクセス

〒325-0303 
栃木県那須郡那須町大字高久乙2730番地7 フィンランドの森内
TEL:0287-78-0981 FAX:0287-78-2921

【営業時間】
年中無休
8:00~20:00

コメント

タイトルとURLをコピーしました