薪ストーブ アクセサリー紹介 必需品 メンテナンスグッズ・アイテム

フィンランドの森妖精カフェの薪ストーブ

今回は、薪ストーブユーザーに必須な道具・メンテナンスアイテムをご紹介します。

薪ストーブやペレットストーブライフに欠かせないアイテムなので参考になれば嬉しいです!

必需品

薪ストーブを使用する上で必要なアクセサリを紹介します。

温度計

薪ストーブの温度計販売

薪ストーブの使用には薪ストーブ用の温度計が必須です。
薪ストーブの温度が上がりすぎるとストーブ本体を壊してしまう場合もございます。
薪ストーブの修理は高額ですので、壊れないように温度管理をしっかりと行いましょう。
薪ストーブの適温は表面温度が200度~300度です。
温度計はフィンランドの森でも取り扱っております。在庫状況はお問い合わせください。

ファイヤーツール

ファイヤーツールとは、灰かき棒・火かき棒・スコップ・ほうきの4点が基本セットです。

※こちらのリンク先はフィンランドの森の販売ページではございません。

ストーブ周りがごちゃッとならずスマートに置いておけるので持っていると便利です。
メーカーによってセット内容や、台の型がそれぞれ異なります。

こちらは、非常にシンプルな見た目ですが、ツール類が横並びになっており、楽に取り出しができます。

灰かき棒

薪ストーブの灰かき棒ファイヤーツール

灰をかき出すために使用します。
手の届きにくい奥の方などは、灰かき棒で出します。

火かき棒

薪ストーブの火かき棒ファイヤーツール

炉内の薪を崩したり、ひっくり返したり、押したりなど位置調整などをします。

スコップ

薪ストーブ用灰取りスコップ

比較的とりやすい場所にある灰を取り出すために使います。
灰かき棒は長さがあるので、ササっと灰を取り出すのに重宝します。

ほうき

薪ストーブ周辺に落ちた灰や木くずを掃除するのに使います。
広範囲の掃除には適していませんが、部分的な掃除に便利です。

薪ストーブ用掃除ほうき

このようなほうきもございます。↓
「[REDECKER/レデッカー]デルタダストパンセット」

※リンク先はフィンランドの森の販売ページではございません。

デルタ型のフォルムで、柄の部分は握りやすいブナ材を使用しています。
ハンドブラシは馬の毛を採用し密度も高いので、細かい灰も集めやすいです。

ファイヤーツールを何種類か紹介します。
「ダッチウエストジャパン ファイヤーツール ヴィンテージ 壁掛ツールセット PA8209」

※こちらのリンク先はフィンランドの森の販売ページではございません。

ストーブ周りをスッキリとさせたい場合は、こちらのツールセットをおススメします。

壁掛けタイプで空間を上手く利用できます。

「ホンマ製作所 ファイヤーセット ミニ D14034PK」

※こちらのリンク先はフィンランドの森の販売ページではございません。

こちらは、ほうき、スコップ、火掻き棒、スタンドの4点セットです。
高さは560mmです。
比較的値段が安めの商品です。

「ダッチウエストジャパン ファイヤーツール ウッドホルダー&ツールセット PA8250」

※こちらのリンク先はフィンランドの森の販売ページではございません。

こちらは、ウッドホルダー&ツールセットです。ウッドホルダーが二段に分かれています。下部には焚き付け用の細い薪を分けて置けます。
ファイヤーツール単体と薪を置くログバスケットをそれぞれ置くスタイルもありますが、場所をとりたくない方はウッドホルダーも付いている型の物をおすすめします。

灰入れバケツ

※こちらのリンク先はフィンランドの森の販売ページではございません。

一時的に灰をためておくためのバケツです。

灰入れバケツは下記のようになっているかが重要です。
・陶器や金属などの不燃性の容器
・ゴムパッキングなどを使用していないピッタリ閉まる蓋
・バケツの底が二重底になっていること

取ったばかりの灰は熱く、冷えているようにみえても集まると熱が溜まり、残り炭が燃え出してしまうことがあります。

バケツが熱くなった場合でも床に熱を伝えないために底が床に密着しない二重底になっていることが大事です。

バケツに灰を入れる場合は、不燃性の台などに置き、灰は24時間程置いてから処分するようにしましょう。

「ダッチウエストジャパン ストーブアクセサリー 灰入れバケツとショベルセット PA8447」

※こちらのリンク先はフィンランドの森の販売ページではございません。

13~17kgの灰が入る、安心サイズです。側面のホルダーに収納されているショベルは、灰がすくいやすい形状でコンパクトに収納できます。どちらも耐久性のある鉄製でカッコいい黒色仕上げです。

着火剤

火起こしの燃焼を助けてくれるアイテムです。
薪ストーブの着火だけではなくバーベキューやアウトドアでも使用できるので様々な場面で役立ちます。

「ファイヤーサイド(Fireside) ドラゴン着火剤」

※こちらのリンク先はフィンランドの森の販売ページではございません。

「ファイヤーサイド(FIRESIDE)ファイヤースターター Fire Starter 着火剤 D100」

※こちらのリンク先はフィンランドの森の販売ページではございません。

燃焼時間:約6〜8分(1個)
着火剤重量::1箱 100個入り

こちらは1箱100個入りで容量たっぷりです。小分けで袋に入っていて、袋にそのまま着火できるのでゴミも出ず、便利に使用できます。

グローブ

熱い薪ストーブに薪を入れる時やストーブ周辺での作業に使用します。
牛革製の耐火グローブでストーブの熱やケガから手を守ります。

「ファイヤーサイド ストーブグローブ L」

※こちらのリンク先はフィンランドの森の販売ページではございません。

牛革の中でもしなやかな部分を使用しているのでより柔らかく、手にしっかりフィットし、耐火性の優れたグローブです。
アウトドアメーカーで有名な「モンベル」と共同開発された製品です。

「[ファイヤーサイド] キャンプ アウトドア & ストーブグローブ 47450」

※こちらのリンク先はフィンランドの森の販売ページではございません。
こちらはフリーサイズのグローブです。
野外・室内、さまざまな火を扱う作業に使えるレザーグローブです。
火や熱から守り、ヤケドを防ぎます。

メンテナンス用品

灰や木くずなどでストーブ周りは汚れがちです。
掃除に役立つ便利グッズを紹介します。

ガラスクリーナー

薪ストーブアイテム・アクセサリ

薪ストーブのガラスが汚れてしまった時に使用します。
具体的な使用方法についてはこちら↓

ガスケット

薪ストーブのガスケット交換

ガスケットは消耗品です。
ガスケットが消耗するとストーブの気密性が下がり、空気調整の効きが悪くなります。

ストーブによってガスケットのサイズは異なります。ご使用されているガスケットをお持ちいただくとサイズが分かります。フィンランドの森でも取り扱っております。
在庫状況はお問い合わせください。

ガスケット用 耐火セメント

薪ストーブにガスケットを貼る時に使用します。

シリコンシーラント

※こちらのリンク先はフィンランドの森の販売ページではございません。

ガスケット用のボンドです。耐熱で薪ストーブ用になっております。
透明なタイプと黒いタイプがございます。
↓ガスケットが剥がれてしまったのでシリコンシーラントでくっつけている所です。

補修ペイント

サビが出たり、はがれたりしまった場合に使用します。

「ファイヤーサイド 耐熱塗料 (半つやタイプ) 88389」

こちらはクラシックブラック専用補修スプレー塗料です。
※塗料によって使用できるストーブが異なりますのでご注意ください。

煙突掃除ブラシ

その名の通り、煙突を掃除するブラシです。ご自身で煙突をする際に必要です。
今回は、ホンマ製作所のブラシをご紹介します。
固くこびりついたススやタールを掃除するブラシや軽度の汚れ用、様々な種類があります。
まずはブラシを接続する煙突掃除棒をご紹介します。

「ホンマ製作所 煙突掃除棒 X0314 900mmx4 本体: 奥行0.7cm 本体: 高さ373cm 本体: 幅0.7cm 4入4個セット」

ワイヤーブラシを接続して使用します。

「ホンマ製作所 ホンマネジ付ワイヤーブラシ6.0インチ」

ご自身での煙突掃除が面倒な場合は弊社で煙突掃除を承っております。

最後に

どれも薪ストーブやペレットストーブを使うのに必要なアイテムですが、たくさんの種類や用途があります。
ご自身に合った道具を見つけ、長く愛用できればいいなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました