煙突掃除・メンテナンス

薪ストーブ・ペレットストーブは定期的なメンテナンスが不可欠です。

使用するシーズンの前に、煙突掃除・ストーブ本体の点検を行いましょう。

正しい使用法できちんとメンテナンスを行うことで、生涯使用できる物になります。

薪ストーブメンテナンス
薪ストーブの煙突掃除
薪ストーブ煙突掃除

煙突掃除・本体点検

薪ストーブ・ペレットストーブは最低でも年に1回の煙突掃除が必要になります。

フィンランドの森 薪ストーブ博物館では、モニター&カメラが付いた最新機種を使用して煙突掃除をいたします。

煙突掃除の様子はこちら

煙突掃除の際にストーブ本体の点検もいたします。

【料金】

薪ストーブ:28,000円(税別)~     ペレットストーブ:20,000円(税別)~

屋根の勾配・煙突の状態・設置場所等で料金は変わります。

フィンランドの森から12km以内は交通費が無料です。その他の場所は交通費・移動費がかかります。

具体的な金額はお問い合わせください。

薪ストーブ・ペレットストーブの煙突掃除

ガスケット交換

フィンランドの森 薪ストーブ博物館ではガスケットの販売も行っております。

ガスケットは消耗品です。

ガスケットが消耗するとストーブの気密性が下がり、空気調整の効きが悪くなります。

ストーブによってガスケットのサイズは異なります。ご使用されているガスケットをお持ちいただくとサイズが分かります。

薪ストーブガスケット

レンガ交換・ガラス交換

レンガやガラスが割れてしまった際に交換いたします。

機種によって料金は変わりますのでお問い合わせください。

薪ストーブレンガ交換
薪ストーブのガラス割れ

メンテナンスについて

薪ストーブ・ペレットストーブのメンテナンスに関する記事を更新していきます。

薪ストーブの点検・メンテナンスを行う箇所は?
薪ストーブを安全に生涯使用するために、定期的な点検やメンテナンスが必要です。今回は薪ストーブの点検・メンテナンス箇所をご紹介します。メンテナンスを怠ると、本体の劣化を早め、最悪の場合は煙道火災を起こしてしまうこともあります。


薪ストーブ・ペレットストーブ 煙突掃除 最新型カメラ付きロッドで安全なメンテナンス
今回は薪ストーブ・ペレットストーブの煙突掃除についてご紹介します。煙突掃除は、最低でも年に1回の煙突掃除が必要です。スス等の汚れが付着し、蓄積すると煙突が詰まってしまい、煙が室内に漏れてしまう事もあります。薪ストーブ博物館では、煙突掃除作業・ストーブ本体の点検作業を承っております。最新型カメラ付きの煙突掃除も行っております。掃除方法も載せましたので、初めての方でも安心して弊社にお任せください。


薪ストーブのガラスが汚れてしまうのは何故? 掃除方法は? 
薪ストーブ7を使用していくと、ガラスの汚れが気になることがありませんか?そこで今回はススやタール等で汚れてしまった薪ストーブのガラス掃除方法についてお伝えします。原因も探って改善することで掃除の頻度も変わってくるので是非一読ください。
フィンランドの森 薪ストーブ博物館
タイトルとURLをコピーしました